「木曜夜は多文化共生を考えよう〜若手起業家が語る外国人就労の今と未来」に登壇

2020年9月3日、ボーダレスハウス主催のオンラインイベントにて当社創業のストーリーや外国人就労支援の現実について話をしました。

最初に創業のきっかけについて紹介。東京外国語大学の学生時代に同級生の留学生たちがことごとく就職活動に失敗した姿をみて「新卒採用は能力や意志の力以上に、就活システムに適合することが求められる。これではいかに優秀でも留学生が排除され続ける」と問題視し、在学中に留学生の就職支援を行う会社を立ち上げたと話しました。

セミナーの中で強い共感を得たのは「学術機関と会社との多様性レベルの違い」についてです。大学などの学術機関では英語で勉強・研究し、不自由なく生活できる環境が整っている一方、企業を中心としたコミュニティでは、最上級の日本語能力検定を保有していたとしても受け入れられていない現実があり、「勉強や観光するにはいい場所だが、働くには相当の負担と覚悟がいる国」という評価が優秀な留学生に多く見られると話しました。

多文化共生が当たり前のように存在しているボーダレスハウスでは想像し難い現実に、多くの方が衝撃を受けたようでした。

人材獲得難で苦しむ北陸のメーカーが、日本語のできる理系大卒を15名採用・戦力化できたその秘密とは?

資料をダウンロードする

関連記事

ご相談・お問い合わせ ページ上部へ戻る