穴吹カレッジ「香川留学生支援会」主催のセミナー登壇

2019年8月22日、香川県のサンポートホール高松にて『はじめての留学生採用/事例から学ぶ貴社の最適解』というテーマで当社の中村が講演しました。

当イベントは、香川県で学ぶ留学生たちに県内企業で働いてもらうために産官学が連携して立ち上がった団体「香川留学生支援会」が主催しました。

最初に日本における外国人労働者の状況を概観し、その中の一つに属する外国人留学生の実態や特徴について触れた後、制度面から見た留学生採用のメリットと能力面から見たメリットとを詳細に説明しました。

続いて3つの具体的な成功事例を取り上げ、「採用」「育成」「活躍」「定着」のそれぞれについてどのような取り組みが有効であったかを解説しました。

そして、外国人留学生の採用のためにすべきことを一連の流れに沿って話した後、よくはまりがちな失敗について「在留資格」「日本語能力」「多様性の理解と尊重」という3つの観点から説明し、最後に質問を受け付けて終了しました。

セミナー後の参加者(約80名)アンケートでは、「満足」という回答が83%に上り、”はじめて外国人留学生を採用する”ことに興味を持つ企業様の要望にうまく応えることができたようです。実際の声は以下のとおり。

■意識改革につながる部分がたくさんあった。社内で共有していこうと思った。
■実例を聞くことができてよかった。堅い話ではなく、非常にわかりやすかった。
■実例をベースに具体的な事案がわかりやすかった。
■事例も的を得ていた。我々が気をつけないといけないこともなんとなくわかった気がする。

人材獲得難で苦しむ北陸のメーカーが、日本語のできる理系大卒を15名採用・戦力化できたその秘密とは?

資料をダウンロードする

関連記事

ご相談・お問い合わせ ページ上部へ戻る