【留学生の就活対策】自己分析のやり方

自己分析

【留学生の就活対策】シリーズの一本目のテーマは『自己分析』です。
留学生が日本という異国でキャリアを築くことは簡単なことではなく、仕事を始めてからは数え切れないほどの困難に直面します。

●日本語でうまくお客様と会話できない
●上司との関係がうまくいかず、職場の居心地が悪い
●入社してもう2年経つが、採用面接で聞いていた仕事に一切触れていない

社会人になったからには、こういった問題に対し自分で考え、周囲の協力を得て、解決し続けていかなければなりません。そういった都合の悪い事実も覚悟した上で「自分は何のために日本で働くのか?」を深く考えなければなりません。そのために、自己分析はとても重要な役割を果たします。

実際の記事をご覧ください。>>> 【留学生の就活対策】自己分析のやり方

※留学生の皆さんへの配布や授業内でのご利用等、教育目的であればご自由にご活用ください。

人材獲得難で苦しむ北陸のメーカーが、日本語のできる理系大卒を15名採用・戦力化できたその秘密とは?

資料をダウンロードする

関連記事

ご相談・お問い合わせ ページ上部へ戻る