【留学生の就活対策】面接対策

面接

【留学生の就活対策】シリーズの五本目のテーマは『面接対策』です。
面接の問題は、ウェブテストやエントリーシートと違って明確な答えが存在せず、どのように答えるのが高評価に繋がり、どう答えるのが駄目なのかが明確にはわからないことです。もし仮に存在したとしても、面接官は事前にそれを開示することはないので、誰も知りえません。

●豊富な勝ちパターンを持っておく。
●現場の情報を重視して、その場で戦術を変える。
●落ちても諦めない。自分に負けない。

簡単なことではありませんが、上記を意識して面接力を高めていくことが求められます。そのためには、形式的な面接練習を繰り返すよりも、社会人との実質的な交流を広める方が良いと私は考えます。普段、仕事に携わる人たちが、何を考え、どう感じるのかを知ることは、面接官の心理を理解する上でも大いに役立ちます。

実際の記事をご覧ください。>>> 【留学生の就活対策】面接対策

※留学生の皆さんへの配布や授業内でのご利用等、教育目的であればご自由にご活用ください。

人材獲得難で苦しむ北陸のメーカーが、日本語のできる理系大卒を15名採用・戦力化できたその秘密とは?

資料をダウンロードする

関連記事

ご相談・お問い合わせ ページ上部へ戻る